<< 社民・国民新、移設先探しに奔走…自治体は反発(読売新聞) | main | 陸山会土地資金、不記載を秘書が引き継ぎ(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日の衆院本会議の代表質問で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件に関し、小沢氏に「どうぞ戦ってください」と語った真意について「日本の政治の変革に向けてともに戦うことを了とした。小沢氏の『戦う』との表明は自らの潔白を証明していく決意でそのことを了とした」と説明。その上で「国策捜査、あるいは指揮権発動については考えていない」と述べ、法相による指揮権発動を否定した。

 首相は「小沢氏は政治資金のディスクロージャー(公開)を主張してきた。政治資金の取り扱いは極めて慎重な人だ。潔白を信じるのが同志として当然だ」と強調。党による独自調査については「民間の調査はなじまない。検察が公正な捜査を行うことを信じたい」と否定した。

 一方、首相は、自らの偽装献金事件について「脱税という認識は全くない。検察の捜査は終結した」と強調。実母から受け取った12億6000万円の資金の使途について「不正な支出はない。説明は尽くした」と詳細を明かさなかった。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題については「沖縄県民の気持ちを大事にしながら日米合意、連立政権の政策合意を踏まえ5月末までに結論を出す」と従来の主張を繰り返した。

 インド洋に派遣していた海上自衛隊の補給部隊を撤収させたことには「補給回数が減少したのは事実で、補給支援活動の意味合いが小さくなった。民生支援を中心に引き続きテロ対策に貢献する」と述べた。

 代表質問で自民党の大島理森幹事長は「政治とカネ」問題に関する集中審議と小沢氏の参考人招致を求めたが、首相は「各党で議論してほしい」と述べただけだった。

<受験の危機管理>第1回 もし、受験票を忘れたら? 鉛筆は必ず持っていこう(毎日新聞)
【ファッション・ナビ】発想を形に学生奮闘(産経新聞)
「25%減」に理解求める=温室ガス、日商会頭に−小沢環境相(時事通信)
間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)
「産婦人科医療改革グランドデザイン」骨子案で意見公募(医療介護CBニュース)

スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • 16:52
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
即日現金化
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化 即日
借金整理
クレジットカード現金化 比較
現金化
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM